• 避妊の大切さ
  • いろいろな避妊法を知ろう
  • 女性の健康(女性のからだとホルモン)
  • 避妊のQ&A
  • 近くの病院を探す

女性の健康(女性のからだとホルモン)

女性の性周期

女性の体の中で、毎月月経が起こるのも女性ホルモンの作用です。ここでは月経周期のしくみについて説明します。

性周期

  • 1.卵胞期

    FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)の2つのホルモンの刺激を受け、卵巣にある卵胞(卵子を保護する小さな袋)が成長します。成熟卵胞からは卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌され、子宮内膜を増殖させます。また、基礎体温は比較的低温が続きます。

  • 2.排卵期

    卵胞が育って卵胞ホルモン(エストロゲン)が増えると、脳下垂体からLH(黄体形成ホルモン)が急激に分泌されます。この影響で卵子が卵巣から排出されます。このとき、基礎体温は一旦やや下がり、その後高温相へ移ります。排卵のあと、排卵された卵子はその後、卵管内に進みます。

  • 3.黄体期

    排卵後の卵胞は黄体という組織になり、黄体ホルモン(プロゲステロン)を作り始めます。この影響で、子宮内膜は妊娠に適した状態になり、また、基礎体温は比較的高温となります。

  • 4.月経期

    妊娠しなかった場合は、女性ホルモンの分泌量も減り、着床しやすくするため厚くなっていた子宮内膜がはがれ、月経となります。