• 避妊の大切さ
  • いろいろな避妊法を知ろう
  • 女性の健康(女性のからだとホルモン)
  • 避妊のQ&A
  • 近くの病院を探す

女性の健康(女性のからだとホルモン)

子宮の病気

子宮頸がん

子宮頸がんは女性特有のがんとしては、乳がんに次いで罹患率が高く、特に20~30代のがんでは1位となっています。
その原因は最近になって、性交によって感染するヒトパピローマウィルス(HPV)であることがわかってきました。

子宮頸がん

● 症状

初期のころは、まったく自覚症状はありませんが、しばらくすると月経時以外の出血や、おりものが増えてきます。月経異常と思いそのままにしておくと、腹痛、腰痛、排尿障害などがおこり、全身が衰弱していきます。

● 治療

治療はがんの進行状態により異なります。基本は手術ですが、早期の場合は子宮を残すことも可能です。ただある程度進んだ状態では、子宮やその周辺のリンパ節などを取り除く手術とともに、放射線による治療や抗がん剤の投与が必要となります。

子宮頸がんは早期(自覚症状のない時)発見でほぼ完全に治る病気です。
現在では20歳以上の女性が検診対象になっています。
また、ワクチンの接種と定期的な検診で子宮頸がんの予防や早期発見が期待できます。

子宮体がん

子宮体がんは、子宮体部の内側にできるがんで、乳がんと同じで卵胞ホルモン(エストロゲン)に影響される病気です。出産回数の少ない人や閉経が遅い人に多い傾向があります。日本人女性の場合、それほど多くはなかったのですが、最近になって増える傾向にあります。その理由として、肥満や生活習慣病、喫煙、食生活の変化などが関係しているといわれています。
比較的年齢の高い50~60歳での発症が多く、未婚や妊娠、出産経験のない人がなりやすいとされています。

子宮体がん

● 症状

初期の段階で不正出血がみられます。閉経後に出血がある場合はとくに注意が必要です。ただし、このような自覚症状がないこともあります。

● 治療

手術と放射線による治療が基本です。がんの進行の度合いによっては、子宮や卵巣を取り除くことになりますが、がんが広範囲に拡がっている場合は、放射線と抗がん剤による化学療法がおこなわれます。

高脂肪や肥満もリスク因子と見られるので、脂肪の摂取を控えたり、適度な運動も大切です。

子宮内膜症

子宮内膜とは、子宮の内側にある組織のことです。
その膜が子宮の中以外で増えてしまう病気を子宮内膜症といいます。子宮内膜症は通常初経以降に発症し、エストロゲン分泌が盛んになる20代~30代前半で頻度が多くなります。

子宮内膜症

● 症状

内膜症のできる場所や大きさ、癒着の程度により症状はまちまちですが、多くは強い月経痛をともないます。月経時以外の下腹部痛や腰痛、性交痛、排便痛といった症状も見られます。痛みは年齢を重ねるにつれ強くなり、ひどい場合は、吐き気、嘔吐、下痢などがあらわれます。

● 治療

この病気は原因が明確になっていないため、残念ながら、確実な治療はありません。病巣が大きくなり痛みが悪化すれば手術もありますが、再発しやすいのが特徴です。卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑えることにより病状の進展を妨ぎます。
子宮内膜症は若いときから閉経までつき合っていかなければならない病気です。
将来のライフスタイルを考え、医師とよく相談し治療法を決めましょう。

子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮の筋肉にできる良性のこぶ(腫瘍)のことです。これも卵胞ホルモン(エストロゲン)に関係する病気で、エストロゲンのはたらきが活発な30~40歳代までの女性に多いといわれています。

子宮筋腫

● 症状

一般的にこぶが小さいうちは症状がありませんが、大きくなるにつれ、月経過多、不正出血、めまい、倦怠感、月経痛などがあらわれます。また時として不妊や流産の原因となることもあります。
また、子宮の内に生じた筋腫(粘膜下筋腫)の場合はこぶが小さくても月経過多がひどく、極端な貧血になることがあります。

● 治療

こぶが小さく、症状も重くないときは、定期的に検診を受け、経過を観察することになります。こぶの大きさ、こぶのできている場所、症状、年齢、挙児希望などを総合的にみて、手術を行う場合もあります。ちなみに閉経後は、卵胞ホルモン(エストロゲン)のはたらきも弱くなるため、こぶは自然に小さくなり、症状もなくなります。

子宮筋腫は良性なので、命にかかわるものではありません。ただ、不妊や流産の原因になることもあるので、見つかった場合は、医師とよく相談しましょう。