• 避妊の大切さ
  • いろいろな避妊法を知ろう
  • 女性の健康(女性のからだとホルモン)
  • 避妊のQ&A
  • 近くの病院を探す

避妊の大切さ

  • もしも避妊に失敗したら

もしも避妊に失敗したら

緊急避妊法

避妊をしなかった、あるいは避妊に失敗したことに気づいた場合、妊娠の可能性をできる限り避ける方法として「緊急避妊法」という選択肢があります。


緊急避妊法には、緊急避妊ピルを服用する方法や銅付加子宮内避妊具(IUD)を子宮内に入れる方法などがあります。それぞれ、排卵を遅らせる、受精卵の着床を防ぐことにより妊娠を避けますが、「緊急」という名前がついているように、

緊急避妊ピルの服用は無防備な性交後72時間以内(3日以内)に、IUDの挿入は性交後5日以内にすばやく行う必要があります。

人口妊娠中絶

早めに受診を。時間がたつほど負担が大きくなります。


望まない妊娠をしてしまった場合、人工妊娠中絶という選択肢がありますが何より大切なことは、パートナー同士がよく話しあって最善の結論を出すことです。妊娠12週未満とそれ以降では、人工妊娠中絶手術による心やからだへの負担だけでなく、方法や費用も異なってきます。また、妊娠22週以降は処置をうけることができません。早期の妊娠の確認が必要です。
月経が2週間以上遅れている場合や、ふだんより出血量が少なかったり日数が短かったりした場合は、早めに受診しましょう。
すぐに受診できない時には市販の妊娠検査薬を購入し、チェックしてみましょう。